メニュートップイメージ

思春期外来

 一般的に思春期とは中学生・高校生の子供から大人へ体が発育する期間で、この思春期には、生理不順・不正出血などの女性特有のトラブルが頻発します。このトラブルは体の発育と精神の発育の不均衡によるストレスなどから発生する場合が多く、多くの思春期の女性が抱えている悩みの一つでもあります。これらのトラブルには医学的にはもちろんのこと、精神的にもケアの必要があり、このケアを充分に行うことで、精神的にも肉体的にも安定した大人になる事に繋がると考えております。当病院では、月経の遅れや生理不順、生理痛、生理の多少、月経前緊張症、不正出血などについて検査や治療をし、また患者様へのカウンセリングも行っております。

東洋医学外来

 保険で使える漢方エキス薬を使って、 冷え症(冷え性)や冷え、月経不順、不妊症、更年期障害、血の道症、妊娠中の諸病、月経時や産後の精神不安、疲労、倦怠感、疲れなどの治療をしています。

プラセンタ療法

 プラセンタ注射を使用した各種治療をおこないます。プラセンタとは肝機能障害の治療に使う、人胎盤由来のプラセンタ製剤(ラエンネック)の事で、新陳代謝の促進・自律神経やホルモンバランスの調整・免疫抵抗力を高める効用があります。また、副効用として、美肌効果・生理痛の軽減・滋養強壮などが御座います。当病院では、肝機能障害の治療の一環として、治療に使用しております。 (※プラセンタ療法は週1~3回の注射です。